プリウス値引き

プリウス値引き方法は簡単でした。

プリウス値引きは簡単ですよ!

 

あなたはプリウスをいくら値引きできましたか?
車を購入するということは高額な金額のお買い物ですから、値引き方法を把握しておかないと損をしてしまうことになりますよ。

 

プリウスを値引きするのは結構簡単でしたので、裏ワザ的なその方法をこちらで共有しようと思いますので参考にしてくださいね。

 

初めに言っておきますが、プリウスの値引きは厳しいですよ。
あなたがディーラーで最初に見る見積書の値引き額は、予想しているよりも確実に少ないです!

 

プリウスシルバー

新型プリウスが我が家の5台目の愛車となりました。
レガシーからプリウスに乗り換えしました。
プリウスαと迷いましたが、荷物をたくさん積んで出かけるわけでもないので新型のプリウスを選びました。

 

購入資金は、プリウスのために今まで少しずつ銀行に貯金していた貯蓄と主人のヘソクリです(笑)

 

プリウスのいいところは、エクステリアはかっこいいですし、インテリアは高級感のあるデザインで使い勝手もよいのでとても気に入っています♪
奇抜なデザインと揶揄する評論家もいらっしゃるようですが、今までのトヨタ車の平凡なクルマではなく、未来的で攻めたデザインは素晴らしいと思っています。
もちろん燃費は実燃費で30km/Lを超えていますので、とてもエコですからガソリン代が少なくて嬉しい限りです。

 

また、プリウスはエコカー減税と自動車グリーン税制が適用されるので、税金的にもお得なんですよ。
グレード(価格)によって異なりますが、自動車重量税・自動車取得税・自動車グリーン税制で10万円以上も税金を減額できます。

 

自動車グリーン税制とは、環境負荷が小さいハイブリッド車や電気自動車の自動車税減税が受けられるありがたい制度で平成29年度も適用されます。
プリウスの場合には、購入した翌年度の自動車税が概ね75%(約29,500円)減税してもらえます。

 

プリウスは値引きにプラスして、このような補助金があるので支払い面でかなり楽ですよ♪

 

欠点らしい欠点は特にありませんが、強いて言うなら音が静か過ぎることですね。
プリウスはハイブリッドカーですから、静かなのは当たり前ですね。
だから、静か過ぎて歩行者や自転車が気付いてくれないときもあるので、狭い道路を走るときには事故を起こさないように注意が必要です。

 

 

トヨタのハイブリッド車といえばやっぱりプリウスですよね。
C-HRも気になるところですが、私たち夫婦にはプリウスの方が似合っていると思います。

 

4代目となる新型プリウス。
主人と一緒に2015年9月のアメリカのラスベガスでの世界公開や、東京モーターショー2015でのプリウスの日本公開から注目してきた自動車です。

 

人よりいち早くトヨタプリウスに乗りたい!
と、主人は事前受付でのプリウス購入を決めていました。

プリウスE-Four後面

 

プリウスの値引き額はだいたいプリウスの車両本体価格の2%と決まっていて、5〜6万円が相場のようです。
オプションのサービスもありますので、プリウス値引き目標額は10万円としましょう♪(オプション値引きを含む)
ボーナス時期(6月、7月)や決算期(3月、12月)には、値引きキャンペーンが実施されてさら+5万円くらいの値引きを期待して良いかもしれません。
基本的な細かな付属品などはサービスしてもらってくださいね。

 

プリウスの値引き額が30万〜40万円とか、酷いところでは50万円という情報も目にします。
本当なの?って疑問に思いますが、恐らく事実ではないですね。
販売台数が1位、2位を争うほど売れている車を、ディーラーがそんなに多額な値引きする必要性がありません。

 

社員割引なら20%OFF(60万円くらい?)の値引きで購入できるようですので、それなら理解できますけどね。

 

グレードは、AプレミアムツーリングセレクションとAツーリングセレクションで迷いましたが、本革シートは必要ないのでAツーリングセレクション(2WD)を選びました。

 

車体カラーは、無難に白のホワイトパールクリスタルシャインにしました。
本当は、人気色の赤(エモーショナルレッド)の展示車が素敵だなと思っていたのですが、私たちには派手すぎなので断念しました。

 

装備的には、標準的で17インチアルミホイールや大型コンソールボックスが装備されています。
嬉しい機能としては、運転席が上下に高さ調整ができます。
私は背が低いのでとても助かります。

 

もちろん自動ブレーキシステムのToyota Safety Sense Pも装備されていて安全性能が高いので、私も安心してドライブに出かけられます♪
ドライブに欠かせないETCは、販売店でのオプション値引きにしてもらいましたよ。

 

 

主人が新車を買うたびにその値引き交渉をする場にこれまでも立ち会ってきましたが、今回のプリウスばかりは値引き交渉も厳しいのではないかと思いました。

 

でも、後述していますこの情報を掴んだおかげで、プリウス購入における値引きで満足のいく結果を得ることができたのです。

 

ぜひ、以下のレポートを読んで新車のプリウスを買う時に活用してください。

 

プリウス値引きしてもらうためのコツ

プリウス値引きしてもらうためにはコツがあります。

 

主人は新車でプリウスを買うと決めたら実際に迷った車も含めて、まず、お店で
「あの車を買うか、このプリウスを買うか迷っているんですよ。」
と言えるライバル車を決めていました。

 

実際に、競合車を扱っているディーラーに行ってカタログを貰って見学したり試乗したり、見積もりを取ってもらったりもしました。

プリウス運転席

 

そして、本命の車(プリウス)を扱っているディーラーへも何店か足を運び、見積もりを取ってもらっていました。
見積もりは短時間で貰うことができるので、なるべくたくさんのディーラーへ行くことをおすすめします。

 

ディーラーの営業の方もいろいろな方が見えますよね。
出してくれた見積もりの額も大事ですが、
「この人から車を買いたい」
「この人との値引き交渉はおもしろそうだ」
などと思える人も探しながら回っていたようです。

 

そして、粘り強く交渉。

 

私からしたら、
「その辺で許してあげたら」と思うぐらいでした。

 

プリウスを新車で買うと決めてから、契約するまでにお店に何度通ったことでしょう。
でも、そうやって主人は自分で納得できる買い物をしていたのでした。

 

プリウス値引きは厳しいので・・・

プリウス値引きは厳しいですよね。

 

でも、今回の新型プリウスは愛知トヨタ、トヨタカローラ、ネッツトヨタ、名古屋トヨペットのトヨタのディーラー全店で扱っていて選択肢は広がるものの、フルモデルチェンジしたてで値引き額もだいたい決まっているということです。

 

実際にトヨタ同士で商談して比較しても、プリウス値引き額に差はほとんど出ませんでした。
さらに隣県のディーラーにも足を運びましたが、結果は同様でした。

 

それに「迷っている車がある」と言ってもプリウスを欲しい人はたくさんいるのですから、それを理由に値引きをしてくれるということはなく、
「どうぞ、そちらをお買いください」
と言われてしまうのがオチのような気がしました。

 

いつもの主人の方法では、今回の新型プリウスの場合はうまく値引きを引き出せないのではないかなと思いました。

 

 

プリウスを買うにあたり、なんとか主人を喜ばせてあけたいな、何か良い策はないかな?
と調べていたところ、ある使えそうな情報を得たのでした。

 

 

一般的に新車を買う時は、それまで乗っていた車を下取りに出しますよね?

 

支払額は、新車の車両本体価格からの値引きと下取りの査定額を引いた額となりますよね。

 

「車両本体価格からの値引きがいっぱいで、こちらからはもう値引きは無理なので、
○○さんには特別に下取りの方をもう10万円アップします。この条件で契約してもらえませんか?」

 

というのは、私も今までに幾度も聞いてきた販売員さんが提案してくる言葉です。

 

ここに、トリックがあったとは・・・。

 

知りませんでした。
こんな販売側の儲けのテクニックがあるんですね。

 

プリウスの車両本体価格からの値引きがもういっぱいだから下取りの査定額を10万円増額するというのは、確かに善意的に言ってくれていると思うのです。

 

 

でも、この査定額10万円UPが本当にギリギリいっぱいの額なのか?

 

もしかして、実はまだ余裕があるのではないか??

 

ということはわからないですよね。

 

プリウス赤 

 

実際にディーラーとしては、最終手段として下取り額を増やしたしたと言うと、通常多くのお客さんは、そこで決めてくれるということがあるようなのです。

 

 

これに対しての対策

 

「下取りに出す車の査定額の相場を知っておくということが大切だ」

 

ということが、今回新しく知った情報なのです。

 

 

それまで乗ってきた愛車の適正な下取り価格の相場がわかっていれば

 

まだ交渉の余地があるのか?本当にいっぱいいっぱいなのか?

 

見極めることができますね。

 

 

プリウス値引きするために査定相場を知っておく

プリウス値引きするためには、査定相場を知っておくのが秘訣です♪

 

でも、どうやって愛車の相場を調べればいいのでしょう?

 

プリウス後部座席 

 

街には中古車の買取専門店があちこちにありますよね。

 

新車を買う時と同じように考えても、飛び込んだ一つの買取専門店だけでの査定額を相場だと決めることはできません。

 

何軒も回って見積もりも出してもらって・・・。

 

新車のディーラーを回るだけでも大変だったのに、もう気力もないし、時間も割けない!
そんなことに手間暇かけるのは、もう嫌ですよね。

 

 

そんな時、いいものがありました。
「ズバット車買取比較」という、インターネットの無料のサイトです。

 

 

 

 

⇒プリウスの値引きしてもらうために使った「ズバット車買取比較」はこちら♪

 

 

 

 

 

「ズバット車買取比較」は、複数の車買取専門業者から自分の車の見積もりをしてもらえる、とても便利な無料サービスです。

 

ズバット車買取比較入力欄

 

 

下取りに出す車の情報をいくつか入力し、査定の依頼をするだけなので簡単です。

 

入力する内容

  • メーカー・車種(メーカー別で車種はあいうえお順に選択可能)
  • 年式(車検証を見て確認しましょう)
  • 走行距離(不明ならだいだいでも大丈夫です)
  • お名前(性と名を別々に入力)
  • 郵便番号(都道府県→市区町村を選択して入力)
  • 住所(市区町村までは郵便番号で自動入力)
  • メールアドレス(スマホのメアドでもOK)
  • 連絡先(TEL)

 

これだけで複数(最大10社)のお店から買取り価格の見積もりが出してもらえるのです。
自分で労力をかけなくても家にいながら自分の車の査定額を買取専門店の各社が競合し、それぞれの額をつけてくれるのを待てばいいのです。

 

 

「こんな便利なものがあるのよ。プリウスの値引き交渉に使えないかしら?」と
さっそく主人に教えて、我が家の車の下取り価格の相場をつかんだところで、プリウスを扱うディーラーへ出かけてセールスマンを相手にプリウス値引き交渉開始。

 

車両本体価格からのプリウスの値引きが3万円
9年目のスバルレガシーの下取りが10万円というのが
店側の初めの提示でした。

 

でもレガシーは年式の他、色やグレード、走行距離でも価格が変わってくるということが
「ズバット車買取比較」を使って調べたおかげでわかっていました。

 

うちの場合は最低でも20万円、最高額は56万円もの査定額をつけてくれていました。

 

ここは、まだプリウスの値引き交渉の余地あり、と判断して主人も自信を持って交渉に臨みました。

 

その結果、車両本体価格からのプリウスの値引きが5万円
9年目のスバルレガシーの下取りが40万円ということに。

 

危うく30万円以上もするところでした!

 

「ズバット車買取比較」で下取りに出す車の価値を知っておくことは
新車でプリウスを買うときの値引き交渉時に有利になる役立つお得な情報ですよね。

 

 

プリウスの値引き交渉のために査定額を調べた「ズバット車買取比較」はこちら♪

 

▼▼  ▼▼  ▼▼  ▼▼  ▼▼

 

 

プリウスの納期は2ヶ月くらいでしたので注文してから納車まで割と待たされましたが、新型プリウスに乗ってみて思ったのは、駐車アシスト機能がとっても便利だということです。
プリウスは私よりも遥かに上手に駐車してくれますよ♪

 

乗り心地もグッドですし、プリウスで楽しくお出かけできるようになりました。

 

 

プリウス値引き方法まとめ

プリウスの値引きまとめ

 

プリウス値引き方法について上記をまとめました。

 

現行モデルに当たる4代目のプリウスはとても人気のハイブリッドカーということもあり、本体とオプションを合わせても10万円程度の値引きを受けるのが精いっぱいです。
プリウスの値引きは、口コミを調べてみても10万円くらいが限界のようです。

 

注意点としては、この値引き額は下取りを考えない場合の数字です。
現在乗っている車からの買い替えとなる場合、その車を下取りに出すと、その分の値引きを受けることができますが、ディーラーの下取りは中古車業者に売却するより低めの相場になることがほとんどです。

 

そこで、買い替えの場合は下取りではなく、別に中古車業者へ売却することをおすすめしますが、車を売る際にはネットの一括査定サイトの利用が便利です。
一度に複数の業者から見積もりをとることができるので、その中で一番高値で買い取ってもらえる業者に売却することができます。
そのような一括査定サイトは現在では数多く存在しますが、その中でも「ズバット車買取比較」がおすすめになります。

 

 

⇒プリウスの値引きしてもらうために使った「ズバット車買取比較」はこちら♪

 

 

下取りに出す車の価値を知らないということは、とても勿体ないことですよ!

 

上で紹介しました一括査定サイトは使い方も簡単で、ディーラーの下取りより高く買い取りを行ってくれる可能性の高い業者が多数(211社)登録されています。
大手の買取専門店はもちろん、地域に根付いた買取専門店、スポーツカーや外車に特化した買取専門店など、多種多様な買取専門店が登録していますよ。
ズバット車買取比較はこれまでに100万人以上の方が利用しているので安心です。
電話対応をしてくれるカスタマーサポートもあったので、不安なくお願いすることができましたよ♪

 

一括での査定を受けた後に査定額を比べて、一番高い買い取り価格を付けてくれた業者に売却を行うことで、ディーラー下取り価格との差額分をプリウスの値引き分として考えることができます。
もちろん、査定後に売却を断ってもOKです!

 

ディーラーに安く下取りで手放しては未練が残りますよ。
後悔しないように、一括査定で高査定を出してもらいましょう♪

 

買い替えになる場合はディーラーの下取りは利用せずに別に売却を行って、その分で少しでも安くプリウスを手に入れてください♪

 

プリウス値引きも新古車なら不要!

プリウス値引きは新古車なら必要もありませんよね♪
新古車はもともと安いですから、わざわざ値引き交渉なんて不要です。

プリウス値引きも新古車なら必要なし

 

私の妹が実践したこの方法なら、プリウスの新古車を簡単に探し出せるはずです。

 

 

『・・・はずです。』
というのは、妹が実際に探したのはアクアの新古車だからです。

 

同じ方法でプリウスの新古車も見つかると思います。
妹にこの方法を教えてもらったのは、プリウスを購入した後でしたので、私は試していません。

 

でも、妹はこのやり方でアクアの新古車をお得に手に入れられたわけですから、プリウスの新古車も可能でしょう。

新古車を安く購入できるのなら、値引きの問題で悩む必要も無くなりますね♪

 

 
プリウス新古車を簡単に見つける方法はこちら↓↓
https://www.zba.jp/car-hanbai/

 

 

↑↑はズバット車販売の公式サイトです。

 

私はズバット車買取比較をプリウスの値引きのために利用しましたが、妹はズバット車販売を利用していました(笑)
さすが姉妹ですね。

 

ズバット車販売では【欲しい車のメーカー、車種、予算、年式、要望】を記入するだけです。
 
メーカー:トヨタ
車種:プリウス
予算:250万円(希望額)
年式:2017年/平成29年以降
 
ポイントは、要望の欄に【プリウスの新古車を探してください】と一言書くだけです!

 

新車のプリウスの値引き交渉を面倒だから、プリウスの新古車が欲しいという方はこちらがおすすめですよ♪
新古車を選ぶなら、もし下取りなしという場合でも安く購入できますね。

 

プリウス値引きが成功してもローン金利で失敗しないで!

プリウス値引きで成功したとしてもローン金利選びで失敗する人もいらっしゃいます。

 

私たち夫婦はプリウスをローン無しの現金で購入しました。
しかし、購入を検討している段階ではマイカーローンについても勉強していましたので、ローンについても利用される方のために書いておきますね。

 

プリウスを安く購入しようと思えば、当たり前ですが、ローンは組まないで現金一括払いがベストです。
でも、お金を手元に持っておきたいとか、すぐには現金を用意できない等、いろいろな事情でローンを借りることもありますよね。

 

ローンを組む場合は金利についてよく調べてください!

 

借入金額 300万円を5年で返済する場合 ディーラー(愛知トヨタ) メガバンクA
金利

3.9%

2.975%

月々の返済額

¥55,114

¥53,872

トータル返済額

¥3,306,857

¥3,232,320

利息

¥306,857

¥232,320

差額

-

¥74,537

 

プリウスを購入する資金として300万円を借りてローンを組んだ場合の例を考えてみました。
ディーラーローンが如何に高いかという事が分かりますね。
金利が安い銀行でローンを組まないと、プリウスの値引き額なんて無かったも同じになってしまいます。

 

もちろん、ディーラーローンを使うことでさらに値引きをしてもらえることもありますが、微々たるものです。

 

ディーラーの金利は各ディーラーで異なります。
愛知トヨタの3.9%というのは低い方で、5.50%というところもあります。
ディーラーローンにもメリットがありますが、審査が通りやすいという事と、審査が通るまでの時間が早いということです。

 

プリウス購入においてマイカーローンを利用する際には、金利が低い大手銀行を探しましょう♪